売上を減らして脱税-主に現金商売

大概の中小企業は、赤字の方が好ましい。

黒字だと税金を支払わないといけないし、税務署の調査も増えることになるからで、メンドクサイことしか生まれないからである。

黒字でないと借金の返済を求められるとか、新たな融資を受けられないとか、仕事が受注できないといった余程の理由がない限り、中小企業は「赤字」にする。

で、当該「赤字にする作業」の最たるものが、「売上を減らす」ことである。

「売上-費用」が「利益」になるわけだから、費用が引かれる母数が少ない方が、利益が少なくなるわけで、ならば、売上を費用を下回るようにすれば、求める「赤字」になるわけである。

で、売上を減らすには、となる。

まずは、『現金商売』を増やして、現金で売れたものを計上しないことである。

ガクトが所得税か法人税法の違反で国税局の調査が入ったが、どうも、コンサートやライブでの、タオル等のグッズ販売に関する“不透明な処理”が目的らしい。

会場でのグッズ販売は、当然ながら、商品と現金の手渡しとなる。

そう、領収書が残らない。だから、抜こうと思えば、正確に言えば、売上を隠蔽しようとすれば、いくらでも調整ができてしまう。

現場にいても、タオルが何枚売れたなんてわかるわけがない。

1000枚売れていても、100枚でしたと言われたら、「そうか」としか言いようがない。販売している現場をビデオを撮るわけにも行かない。

税務申告の際は「ビデオ撮影して添付せよ」と言ったら、逆に、「そういうビデオを撮っておけばよい」ことになって、いたちごっことなる。

先のライブ会場のグッズ販売のように、特定の店舗を持たず、現金商売で、不特定多数の商売は、かなり売上をちょろまかせる、という次第だ。

「売上を計上しない」身近な例は、フリーマーケットが最たるものであろう。

フリーマーケットをやっている人すべてが、無申告なわけではないが、まあ、正式にやってない人が大半だろう。

次に、「ある特定の取引だけ別口座に振り込ませる」ことである。

銀行口座を2つ作っておいて、新規や一見さんの取引だけを、通常使う口座とは別の口座に振り込ませるのである。

当該「別の口座」が、よく言われる「隠し口座」である。

しかし、口座を使うので、どうしても「記録」が残ってしまう。口座の存在を突き止められる

次に、現金過不足で、毎日少しずつ、レジなりから現金を抜いて、雑損扱いすることもある。

まあ、それでも、あまりに多額であれば、調査なり指導されるので、効果は少ない。

「現金過不足」勘定だけが異常に膨れていれば、アウトになる。そこそこの額で収めるのがコツだが、数年に1回は使える。

フォローする