自転車保険とは?-2つの自転車保険

「自転車保険」という保険には、2通りの保険がある。

『厳密な自転車保険』と、『損害賠償責任保険の一環としての自転車保険』である。

『厳密な自転車保険』とは、自転車由来の事故にしか、効き目のない保険のことである。

自転車の事故のみだから、賠償の範囲は狭い。

つまり、子供が窓ガラスを割ったり、散歩中の犬が通行人を噛んで怪我を負わせても、その損害について賠償はされないのである。

保険金は下りない。自腹である。それらは、自転車の事故ではないからである。

繰り返すが、『厳密な自転車保険』とは、自転車事故オンリーの保険である。

ゆえに、『厳密な自転車保険』は、支払い保険料が安い場合が多い。

対して、『損害賠償責任保険の一環のとしての自転車保険』がある。

損害賠償責任保険とは、損害賠償を負ったときの保険である。

大本に、物損等に備えた『損害賠償責任保険』がある。

つまり、先に述べたような、子供が窓ガラスを割ったり、散歩中の犬が通行人を噛んで怪我を負わせたりで、損害賠償責任を負ったときに、その損害額を保険が補填してくれるのである。つまり、保険金が下りるのだ。自腹で払わなくても済む。

当然、自転車の事故も「損害賠償」だから、保険金は下りる。

いろいろな損害賠償リスクに備えられるのが損害賠償責任保険であり、自転車の事故に『も』備えられるという寸法だ。

どちらの保険に入るべきか。

ぶっちゃけ、どちらでもいいだろう。ほぼ、まず、巨額の賠償など、起きないからだ。入る意味は、気休めである。

個人的には、損害賠償責任の対象が広い『損害賠償責任保険』に加入して、自転車の事故に備えている。

なお、加入の際は、損害賠償の限度額には注意したい。

自転車の女子高生が老人とぶつかって、重い障害を負わせ、9500万近い賠償を負った事故があった。

このケースを踏まえると、1億円は出る保険に加入しておきたい。

ちなみに、不法行為に基づく損害賠償債務は、自己破産をしても免責されない。

巨額の不法行為由来の損害賠償債務を負うと、死ぬまでずっと、月に1万円ずつ支払うことになる。月収は14万円以上を超えることはない。

『損害賠償責任保険』に入る、大きな理由である。

フォローする