FB創設者ザッカーバーグ、最安値更新で財産目減り中

今これを書いている時点で、フェイスブックの株価は、20.04ドルとなった。またまた上場来最安値を更新した。

「20ドル」という切りのいい「数字」の前後で、株価は糖分動くかなと思っていたが、あっさりと一時「19.82ドル」を付けて、20ドルを割り込むときもあった。

早晩、20ドルを切る展開である。

ザッカーバーグは、5億360万株のフェイスブックの株式とオプション、そして、1億5000万ドル相当の現金同等物を有しているといわれている。

20.04ドル…上場時の38ドルから48%近く値下がったわけだが、同時に、FB創設者のザッカーバーグの資産も、10.2億ドルへと目減りしたことになる。

想像できるのは、よくある“マスコミの扱い方”である。

上場前の若きヒーロー扱いから、一転して、「もしかしたら、ちょっぴりダメかもしれんね」に傾きつつあるザッカーバーグ。

先の第2四半期にも顔を出さなかったので、投資家の失望を買ったザッカーバーグ。

「持ち上げれば、後は落とすだけ」のマスコミの食指の犠牲には、なってほしくはないなーと思う。

そのためにも、上場した以上は「収益化」という“やるべきこと”を消化していくしかない。

フェイスブックが上場して間もないが、ちらほら「CEOとしては不適当」との意見も出てきている。

フォローする