EPS:1株当りの利益

サマリー

EPS(1株当りの利益)は、純利益(税引き後利益)を発行済み株式総数で割って算出する。Earnings Per Sharenの略。「Eps」は、これから自分が買おうとするものを「考えやすくする」ための指標。千円:百万円単位の5ケタ・6ケタの数字を見ても、株価には対応していないので、ピンと来ない。そこで、「EPS」という指標を持ち出してきて、株式という「買う物」の品質と、株価という「値段」の「割の合いよう」を見るのである。

EPS(1株当りの利益)とは?

「Eps」は、株式投資をするに当たっては、とても重要な数字である。

なぜ重要なのかよくわからない人は、徹底して不勉強であるので注意をする。

一言で簡単に言うと、「利益」こそが、株価の動き出す主たる要因であるし、投資そのものが「利益」を求めての行為だから、「利益」がその意味の大半を占める「Eps」は重要なのである。

テクニカル分析においても、ファンダメンタル分析においても、株式投資に関わるものが『無視のできない』指標、それが、「Eps」である。

・EPS(1株当りの利益)の意義

Epsは、先述したように、純利益(税引き後利益)を発行済み株式総数で割って算出する。

しかし、何でこんな計算をしなくてはならないのかというと、企業の時価総額と純利益の数字を、そのまま出されても困るからである。

わたしたちの目の前にある、直接の数字は「株価」であるが、その「株価」に両者とも対応していないのである。だから、「株価:1株あたりの値段」に対応できる数字、「Eps:1株あたりの利益」が使われるようになったのだ。

・EPS(1株当りの利益)が重要なのは、「株式投資」だから

わたしたちの投資は基本的に、「株式」を用いて行なうことになる。

逆を言えば、わたしたちの大半は、「株式」という枠組みの中でしか、投資ができないと言うこともできる。

これが、未公開・非上場の投資を、例えば、甥がやってきて、おじさん、こういう事業をしてるんだけど、出資してくれんかね、と言われたら、どうなるかを考えてみる。

もちろん、貸借対象表・損益計算書・キャッシュフロー計算書の財務諸表を見ることになる。

じゃあ、である。こうした場合って「1株」というのを意識するかどうか、である。

確かに、出資した反対給付として、株式の交付は受けるだろうが、投資の前面に出るのは、その投資先企業の「まま」の数字である。売上がどう動き、掛け金の回収具合や、売上に占める手形比重、借金の有無と金融負担とを調べていくだろう。

そうして、収益性と安全性を計算した上で、出せる出資金額が決まってくるであろう。

未公開・非上場というのは、「規模が小さい」とも言えるので、だから、上記のような「全体」から、企業を分析・考察するのである。

しかし、上場企業となると、規模が大きくなりすぎて、その実態がわかりにくくなる。

「やること」は同じなのだが、はてさて、例えば、自分の出資額「1000万円」が有効になるのかどうかは、上場企業の巨大な数字と持分の前では、いまいち「わからなく」なってくるのである

だから、「考えやすいように」しなくてはならなくて、だから、「1株あたりのほにゃらら」が、生まれてくるのである。

・「1株あたりのほにゃらら」は、企業の模型・ミニチュア

「Googleの2010年度の純利益は、6,900億円です」てなことを言われても、そうした数字がピンと来る人は、絶対数として少ないだろう。

しかし、「1株あたりの利益は、2,000円です」となると、何となくわかりやすくなる。わかりやすくなるのは、それに対する「株価」があるからで、じゃあ、「株価50000円」のときに、Googleに投資すべきかとなると、手に取るように考えられるのである。

ちょっと違うけど、株式という持分を、株価という単位で買う人にとっては、「Eps」は、考えるための補助線なのである。