PER:株価収益率

サマリー

PER(株価収益率)とは、「Price Earnings Ratio」の略で、株価(Price)と収益(Earnings)との比率を指す。株価を「1株当たりの利益(収益)」で割って、算出する。概念的に、「もと」を取る年数(投資金額が2倍になる年数)。

PER(株価収益率)とは?

「PER」は、その企業の人気を測る指標で、株式投資の上で、最もよく目にする用語です。どうしてか。その株を「評価」するに当たって、とても便利だからです。

その株を買うべきか買わざるべきか、高いのか安いのかは、「PER」をちらりと見るだけで、大まかのことがわかってしまいます。

ぶっちゃけいうと、「PER」さえ何となくわかると、投資の何たるかがわかります。使用頻度A級の株式用語なので、必ず憶えておきましょう。

多くの時間を節約できます。憶えていて損はありません。

参考:「earnings」の意味 / 「ratio」の意味

・PER(株価収益率)の憶え方

「PER」の憶え方は、株価収益率の株価と収益率の間に、割り算の記号「/」を入れることです。

「株価/収益」・・・株価を収益で割ったものだと、すぐに憶えられます。

・PER(株価収益率)は、「債券」から考える。

「PER」は、先も言ったように、「1株あたりの利益」が、その時点の株価の何倍かを示しています。

さて、この「PER」を、株の話だと考えるとごちゃごちゃしてしまうので、すっきりと考えるために「債券」として考えることにします。

たとえば、「1株あたりの利益」が200円の株式があるとします。株価は3000円とします。PERは、株価:3000円÷1株利益:200円=15で、「15倍」となります。

しかし、この株を敢えて、「債券」として考えます。

つまり、債券価格が「3000円」で、利息が「200円」の債券とみなすのです。

「1株あたりの利益」の「利益」には、現金の裏づけのあるものしかカウントされませんから、こうした用語のとっかえをしても支障はありません。

「3000円」の債券を買った人が、その「もと」を取るには、どのくらいかかるか。

簡単な算数で、利息で割ればいい、と言うことになります。つまり、1年当たり200円の利息ですから、「3000÷200」の「15年」となります。

逆を言えば、15年待ち続ければ、利息の合計は3000円となるわけで、初期投資分のお金が手元に戻ってくる、取り返すことができた、と相なるわけです。

・PER(株価収益率)は、「もと」を取る年数(投資金額が2倍になる年数)

話が非常に概念的になるので、アレしてください。

結論から言うと、「PER」というのは、『現在の利益水準が続いたとしたら、何年で「もと」が取れるか』を調べる指標です。先の債券といっしょです。

言い換えれば、その株への投資金額が、何年で「2倍」になるかを示すのが「PER」であるのです。

当該「1株あたりの利益」が、これからもずっと続くと仮定します。そうすると、その利益の分だけ、会社の金庫を潤すことになります。先の例で言えば、毎年200円ずつ、会社に入ってくるわけです。

「200円」は「200円」ですので、5年経てば1000円が会社の金庫に入ります。10年なら2000円。15年なら3000円です。

これらの数字は、そっくりそのまま、株価にも反映されます。

だって、200円は200円だから、その入ってきた金額だけ、その会社の価値が上昇したことになるからです。

実際にはそうそうありませんが、概念的に1株利益200円が続けば、5年後にはその会社の株価は、現在の3000円+1000円の4000円になるでしょう。10年後には5000円。15年後には6000円です。

というわけで、1株あたりの利益が「200円」で、株価が「3000円」の株を購入した人は、株の代金の「もと」を取るには、「15年」かかるというわけです。

株数が、「1株」しかない場合を考えてみれば、しっくりくるように思います。

まとめると、『PERとは、単利で計算して、投資額が倍になる年数である』。「倍」を「年」に直すと、すっとわかるかと思います。15倍は、15年かかる。

・概念的ではなくて、実際には

しかし、今後ずっと同じ1株利益が続くことはありません。

先の1株利益:200円が、「今後この会社の業績は伸びに伸びるだろうから、将来的に500円はかたいだろう。」と踏む人なら、「現状の株価:3000円だと、PERは6倍。6年で元が取れる。安い!」てな風になるでしょう。

逆に、「んなーことはない。1株利益200円が続くわけがない。よくて100円台に落ち込むはず」と予想する人にとっては、PERは30倍、「もと」を取るのに30年かかるわけで、「高すぎる!パス」と相なるでしょう。

こうした背景があるからこそ、企業の「業績予想」が、経済記事のあちこちで語られ、ニュースバリューとなるわけです。

当然のことながら、「株価」の方の変動もあります。

1株利益200円でも、株価が2000円に落ちれば、PERは10倍。10年で元が取れることになります。

株価が1000円になれば、PERは5倍。1株当たり200円の利益が続くと想定するなら、5年で「もと」が取れるわけで、複利でお得と相なります。ま、株価が下がるのは相応の事情があるので、そう簡単にはいきません。複利計算で20%近いので、アレだな。穏当に「ダメ見積もり」ですわ。

・PER(株価収益率)が高いのか、低いのかは一概には言えない

「PER」には、明確な基準がありません。つまり、10倍だから低くて、100倍だから高いとはならないのです。

「PER」の高さ・低さは、その企業の業界平均と比較して、ぼんやりと見えてきます。

そして、市場全体の平均と比較して、高さ・低さが見えてきます。

つまり、ある企業のPERが「10倍」だとしても、ライバル企業が「10倍」前後であるなら、低くとも高くともないわけです。

もし、業界平均が「10倍」で、その企業が「5倍」なら、確かに名目上は「低く」見えるでしょうが、競争力や商品力、サービス力で劣っていて、経営上、劣勢にあるのなら、低いのか高いのか、評価が分かれてしまいます。

今後、その企業が打ち勝つ可能性があると踏む人は、「5倍」なる数字は「安い」範疇でしょう。

しかし、「ダメなモンはダメだ。あそこはもうダメダメだ」なんて人は、5倍でも高いでしょうし、最終的な勝利者となりそうな、ライバルの優勢企業の10倍の方を、「低い」と見積もるでしょう。

高さ、もまた然りです。

PERが100倍であっても、業界全体が伸び盛りで、同業他社のPERも50倍100倍が当たり前なら、「普通」になってしまいます。

その企業のPERが高いのか安いのかは、業界と企業の研究と分析、そして、投資家の「見積もり」と「予想」で決まってしまう、というわけです。

・PER(株価収益率)の高いや低いが問題になる背景

わたしは基本、「バイアンドホールド」なので、低PERであればあるほど、好ましいものです。もちろん、その企業が優秀であるという条件は付きますが。

低PERであることが、わたしにとっての投資の基本です。

しかし、低PER銘柄を嫌がる人もいます。

高PERをつけている銘柄は、それだけその企業のプレミアムを高く評価しているわけで、「お金が集まっている」ことを示します。

それはすなわち、乱高下する、価格が変化する、といった現象を内包していることでもあります。

ですから、買ったり売ったりして、利ざやを抜く人にとっては、実に好都合な「相場」なのです。逆を言えば、彼ら・彼女らは、相場が動いてくれないと、商売をする機会がない、ということに相なります。

高PERは得てして高い株価を付けますから、、高PERは『彼ら・彼女ら』にとって、有意な状態でもあるわけです。

逆の、低PER銘柄は、お金が集まってない、ということができます。ですから、相場は変化に乏しいのです。要するに、株価が動かないので、利ざやを抜く機会が「ない」わけです。

高PERだと、いったん相場が動けば、現物・信用を駆使して、価格差を「抜く」機会はいくらでも生じます。要するに、買ったり売ったりする人には、高PER銘柄には、たくさんの「商機」があるわけです。今日がダメでも明日がある。

ですが、いつ相場が動くのかわからない低PERは、買ったり売ったりする人には、商売をする機会が少なく、要するに、買ったり売ったりする人にとっては、ご飯が食べられないわけです。だから、低PERで、地味ーな「何か」をするよりかは、変化と変動の富む高PER銘柄に注目と関心を注ぐわけです。

そして、世の中には、絶対数として、売ったり買ったりする人のほうが、長期保有する人よりもはるかに多いので、耳目(報道、雑誌記事、投稿、情報)は、『高い株価-高PERの銘柄』の方に、多くが注がれるわけです。

・「PER(株価収益率)」がよくわからない理由

「PER」という株式用語が、最も使われる言葉であるのに、いまいちピンと来ないのは、それが、『高くても、低くても』よいものだからです。

「PER」というのは、「同じ倍率」をしていても、ある人にとってはよく、ある人にとってはよくないことになります。

ある人にとっては、100倍200倍をつける高PER銘柄でも、儲けることができますから、別に高PERでも構わないわけです。いつ逃げるか、いつ高値の潮が引くかが、重要な相場の材料となるでしょう。

しかし、長期投資やバリュー投資の人にとっては、高PERなんてのは全く忌避すべきもので、100倍の株など、全く買う対象にはなりません。

ほいで、一般的に抽象的な結論を無理やり引き出そうとすると、『PERは、高過ぎてもダメで、低過ぎてもダメ』という、至極、曖昧なものになってしまうわけです。

高PERだと、暴落する危険がある、だからダメといえます。大概の損切りは、高PERつかみです。しかし、低PERだと、ずーとそのままで、少しも投資利益が出なくなってしまいます。じゃあ中間のところなの?となると、「中間」というのが、どう定義し、どう解釈するのか実に難しくなる、というわけです。

「PER」というのは、個々の人の投資方法によって、意味が異なってきます。

もっというと、将来の『見積もり』と『予想』なる主観が入り込んでくるので、余計にこんがらがります。だから「PER」は、『わかりにくく』なってしまうのでした。

考えてみると、PERって非常に概念的なんですよね。だから「ややこしい」のですが、故に、ほとんどの株の指標となりうるのです。