密告や通報で脱税は発覚する

まずは初めに結論を。一口で言うと。まとめ。要旨。

脱税は、密告や通報、うわさで発覚することが多い。特に、同業者からの密告や通報、うわさが最も多いという。儲かってはいてもあまりはぶりのよい真似はしないほうがいいし、言わないほうがいい。沈黙は金で慎みは徳。

脱税というのは、主に、密告や通報から端を発して、税務署に発覚することが多い。

「脱税は得てしてばれる。だから、正しく納税しよう」とよく言われるが、蓋し、事実である。

というのも、会計操作や帳簿の改ざんなどは、つっこんで調べられたら必ずばれるからである。

しかし、「調べたらばれる」からといっても、税務署は全ての企業の帳簿やら証票を調べることは、物理的に、時間的に、人員的に、とてもできることではない。

だから、税務署は、調べるに値する怪しい企業を選別することになる。

「調べるに値する」とは、たっぷりと脱税していて隠し資産が多く(つまり、税金を払う事ができる)、調査さえすれば、いくらでも追徴できる企業という意味である。

当該調査企業の選別の際に、大きな威力を発揮するのは、密告や通報、そして、うわさである。

密告や通報は、特に同業者からが多いという。

そらそうで、その事業を一番よくわかっているのは、同業者である。

「同じような品揃え、同じような値段、同じようなサービス」で商っていて、なんでアイツ・アソコだけはあんなに羽振りがええねん、となる。「そんなわけないやん」ってな塩梅である。

実体的にも、よほど良客を抱えている、がっちり商圏を確保している、他者には真似できない商品やサービスがあるといった事情があれば、経営の差は出る。

しかし、そんなことは稀である。

ほいじゃどうしてあんなに羽振りがいいのか、となれば、「脱税?」と話が進む。

ま、単に、うまくいっている僻みと嫉妬とが、密告や通報の原動力になっている。

「領収書をくれ」といってくれなかった歯医者や飲食店を、できるだけ通報している「熱心な正義派」の人もいる。

税務署は、こうした通報や密告、うわさを大歓迎している役所でもある。

脱税は、税務署以外のところから、ひたひたと忍び寄ってくることは、知っておくべきだろう。

「沈黙は金」で、「慎みは徳」であるのも、納得できる。