券売機の切符代も経費にする

駅の切符の券売機で切符を買うと、領収書が出ない。

しかし、当該交通費を経費扱いできないわけではない。

基本的に、業務や事業との関連があれば、それらはすべて経費となって然るべきだからだ。

券売機で切符を買っても、「支払った日時、金額、支払先(路線名・駅名)、内容(行き先)」をメモしておけば、税法上は経費扱いとなりうる領収書となる。

たとえば、「○月○日、5000円、JR何たら駅券売機、博多までの交通費」とメモしておくわけである。

当該領収書が正しいかどうかを調べるのは、「税務署」の仕事であるから、納税者側の我々は、自信を持って提出すればいい。

というのも、切符の売り手である電車側企業には、当該領収書の取引に相対する記録されているからだ。

この「メモ書き領収書」に不信があるのなら、向こう側の記録を調べてください、きっと記録されているはず、というわけである。

めんどくさいことになるこういう作業を、税務署は、まずしないだろう。よほどの「脱税」の疑惑がない限りは。

券売機で買った切符の代金も、あきらめずに経費扱いにするべきなのである。

フォローする