一人当たり5000円以内なら接待交際費で処理できる

大企業・中小企業の接待交際費の経費計上には、規制があった。

しかし、今では、おおむね一人当たり5000円以内なら、接待交際費として損金処理できるようになった。

「おおむね一人当たり」の金額であるので、10人で飲食をして、総計が50,000円以内であればよい、ということである。

ただこの処理をするには、接待をした日時と場所(店名)、人数、参加者の社名と電話番号、金額を記録に残さなければならない。

逆を言えば、残してさえいたら、経費計上できるというわけである。

「接待交際費」なので、社内の人間同士の飲み食いには使えない。

あくまで外部との「接待」なので注意が必要だ。

また、個人1人の飲み食いも、接待交際費では落とせない。

レシートの人数が「1人」なのだから、「接待」にはなるわけがないからである。

フォローする