「 投資 」タグの投稿記事

会計の報告を出しなさい。もう管理を任せておくことはできません。-ルカ伝16章2節

バフェットが企業を買うときには、その事業の特質も重視するが、同じ程度に、経営者の素質も重視している。 「経営者の能力と忠実さは長い期間にわたって監視する必要があります」とバフェットは述べる。 バフェットは、聖書のルカ伝16章2節-「会計の報告を出しなさい。もう管理を任せておくこと...続きを見る

2014/08/04 1:08 PM

台所にゴキブリが一匹しかないことなどほぼありません。―企業の利益予想

「経営者が目に見える部分で恥ずべきことを行っているのなら、陰で似たようなやり方をしている可能性が高いのです。」 この一説の続きに、タイトルの「台所にゴキブリが一匹しかないことなどほぼありません。」が来る。 返す返す、バフェットは、自分の理解の範囲の及ぶ事業と、信頼の置ける経営者と...続きを見る

2014/08/01 10:32 AM

「72」という数字で投資利益の計算をカンタンに

72の法則という法則がある。 この「72」という数字を使うと、投資の利益率の目安が即、得られる。 どういうことかというと、「72を利益率なり金利でなりで割ると、倍になる(2倍になる)年数がわかる」という寸法なのである。 たとえば、ある株は、株価に対して、2%の配当率であるとする。...続きを見る

2014/06/25 11:00 AM

大学にいくのも投資である。

大学にいっても、学歴給や大卒手当などない時代である。 大学を出たからといって、終身雇用されるわけでもない。 ところで、ホント、遠い言葉になったなー、『終身雇用』は。 「大卒」という肩書きは、もう、確実なキャッシュを生まない時代なのである。 子供を無意味に大学に行かせる教育は、もう...続きを見る

2014/04/17 2:30 PM

奨学金じゃなくて「学資ローン」と言おう。子供のために。

「奨学金」という言葉の使い方がテーマである。 「奨学金」は、返済義務のない金銭の授与の場合に限定して、使うべきである。 たとえば、県民会等の機関が、成績上位者へ行う金銭援助である。 卒業後に支払わなくてもいいのなら、「奨学金」と素直に語ってもよい。 なぜなら、奨学金の受取人に、直...続きを見る

2014/04/03 5:57 PM

1 / 712345...最後 »