ショートカットについて

サマリー

ショートカットキーの操作は、パソコンの最も基本的な操作です。コピペがショートカットキーの代表です。能率がかなり違いますので、知らない方はどうぞ。

ショートカットキーの第一は「Ctrl」キー

パソコンがもっと身近になる操作を紹介します。

習うより慣れろの精神で使えるようになりましょう。

キーボードの左隅に「Ctrl」というボタンはありませんか?なければキーボードを変えるか眼鏡を買い替えましょう。

「Ctrl」の位置を知るだけで、パソコンの使い勝手は格段に向上します。

・ショートカットの代表「コピペ」

この「Ctrl」キーを押しながら他のキー押すことで、キー入力の利便性を高めることを「ショートカット」といいます。

webページを閲覧中、「メモ」しておきたい、残しておきたいという瞬間があります。

そこで威力を発揮するのがコピーあんどペーストの通称「コピペ」です。まず「スタート」→「アクセサリ」→「メモ帳」でメモ帳をだします。

そしてどこかのホームページにある適当な文章を「クリックあんどドラッグ」します。そうすると青い帯で文字が包まれましたよね。

そこでCTRLキーとCを押してください。そして、さっき開いたメモ帳にマウスを持っていってCTRLとVを押します。

そうすると青い帯で包まれた文字がメモ帳に現れませんでしたか?いちいち紙とペンを持ってきてメモをする行為がかなり楽になるはずです。

マウスでもこの操作はできます。上記と同じように文章を青い帯で包んだらマウスの右ボタンを押して「コピー」を選択、後はメモ帳にマウスを動かして右クリックで「貼り付け」です。

うまくいかないときは、「CTRLキーを押しながら」をやっていないかと思われます。「CTRLを押しながら、Cを押します。」

・ショートカット「切り取り」

ショートカットには、切り取りというのもあります。例えば、ネットで銀行口座を申し込もうとして、ようやく書き上げたら、記入する場所を間違えていた・・・よくあることです。

そこで・・・コピー同様に、自分の名前など移したい語句を青い帯で包んであげます。そしてCTRL+X で切り取り、移したい場所も青い帯で包み、CTRL+Vで貼り付けします。マウスの右クリックでも同様に「切り取り」があるのでそちらの方が楽かもしれませんね。

この作業も「CTRLキーを押しながら」です。

・ショートカット「検索」

次に検索です。 例えば企業のホームページのIRサイトで利益を知りたいと思います。しかし、いちいち画面を見てどこにあるのか探すのはめんどくさいです。

そこで、CTRLとF を押してください。検索という窓がでましたね。そこで自分の知りたい語句や言葉を入れればいいのです。検索失敗ならば、当期純利益などいろいろ言葉を変えてみましょう。重宝する技です。

この作業も「CTRLキーを押しながら」です。

・ショートカット4兄弟:Z-X-C-V

さて・・・CTRLを押しながらの作業を説明しました。そこでキーボードの左下の方を見てみてください。

キーボードの並び方がZXCVという順番になってませんか?切り取り、コピー、貼り付けになってますよね。最初のうちは忘れちゃいます。あれ?なんだっけ?と思ったときは「左の隅の4兄弟」になんかあったなぁと記憶の隅にでも置いておきましょう。

コピペ等の作業をショートカットキーで多様するようになれば、もうパソコン初心者は卒業です。一気にパソコンのスキルがのびて行きますよ。

・番外編-窓ボタンでデスクトップ表示

「ctrl」キーの右側に、ウィンドウズの「窓」ボタンがあるかと思います。このボタンでも、ショートカットができます。

わたしがよく使うショートカットは「窓+D」で、一気にデスクトップが表示できます。

いくつもいくつも、ファイルやフォルダを表示してしまう人は、どうぞご活用ください。

もちろん、「窓」ボタンを用いたショートカットはこれ以外にもあるので、興味のある方は検索してみてください。