手取り(収入)のうち、1割を貯蓄するのは、けっこう深い貯め方なのである。

まずは初めに結論を。一口で言うと。まとめ。要旨。

手取り(収入)のうち、1割を貯蓄するのは、けっこう深い貯め方なのである。10割だと貧相に、3割・5割・7割だときつくてやめてしまうからだ。

手取り(収入)のうち1割は貯蓄に回す、というのは、昔、人に言われた貯蓄方法なのだが、今でも実行しているとてもいい。

お金を貯めるのに、一番ベストな数字が「1割」である。

「貯蓄」というのは、多ければ多いほどよい、というわけにはならない。

たとえば、給料のうち10割を貯蓄するのは、よくはない。

なぜなら、収入のすべてを貯蓄に回すと、生きている「現在」がとても貧相になるからだ。

金を使わないから、視野は狭くなる。

旅行・遊行しないから、人物の幅も狭くなる。

吝嗇でせせこましい性格になる。

こういう「人間」になってしまうと、人間的な魅力に欠けるから出世は遅れるは、誰かに引き上げられたりもしないので、彼の将来はとても貧しくなる。

今が貧相なら、将来も貧相になるという塩梅だ。

自分を食いつぶすような、生産性のない貯め方は愚かだ。

もちろんのこと、明白な「意図」や「目的」「目標」があるのなら、手取り丸々を貯蓄に回してもよい。

店を開きたい云々の相応の理由があるなら、10割貯蓄でもいいが、そうでないのなら、給料のうちで何かほかの事にお金を回すべきである。

じゃあ、3割・5割・7割等々なら、よいのか?というわけだが、それもよくはない。

なぜなら、「継続」の点で、不安のある数字=厳しい数字だからである。

出費というのは、いったん何か事があれば、かさむ。膨れる。

その際、続けたきた貯蓄が続けられなくなるのが、先の挙げた割合なのである。

ずっと続けてきたのに、何かをきっかけに、やらなくなる、ということはよくあるのである。

で、結論として、「1割」を貯蓄に回すのは、継続という点で、本当に何とかなる割合なのである。

反対を言えば、3割・5割・7割の貯蓄は、きついのである。

多少、支払いがかさんで生活が厳しくなっても、何かを節約するなり節制するなりすれば、「手取り1割」分の額面は捻出できる。

続けられるという点で、「1割」の強制貯蓄は優れて現実的で、実効性の高い貯め方なのである。

さあ、給料が入金されていたら、その場で定期なりに振り返るか、自動引き落としで貯めていくことにしよう。