マクドナルドは「ブランド」を勘違いしていないか-ブランドと知名度は違う

まずは初めに結論を。一口で言うと。まとめ。要旨。

日本マクドナルドは、「ブランド」を勘違いしているように思われる。おそらく、ブランドと知名度との違いがわからないか、わかっていても気づかないふりをするのだろう。

・「余分なお金を払ってもいい」のが、「ブランド」である。

アップルには、「ブランド」がある。

なぜなら、ウィンドウズのパソコンよりも高い値段でも「売れている」からで、携帯音楽プレイヤーその他も、ライバルメーカーのより高くても売れているからである。

トヨタにも、「ブランド」がある。

値引きをしなくても売れるからである。

対して、日産等では「値引きをしないと売れない」わけだから、購買者は、トヨタの車に余分に払っていることになる。

東芝やソニー、富士通のPCも、やや「ブランド」はある。

レノボやエイサー、エイザスに押されてはいるけれども、多少高くなっても日本メーカーのPCを買う人は多いだろう。

じゃあ、マクドナルドは?という話になる。

・マクドナルドに、ブランドはない。

同じ「200円のハンバーガー」があったとする。

モスバーガーとマクドナルドのうち、消費者はどちらを買うか?

「わたし」はモスバーガーを選ぶだろうし、「同じ値段」なら、マクドナルドを買わない人の方が多いだろう。

つまり、マクドナルドなら「150円」にしないと売れない、というわけである。

逆にモスバーガーに対しては、購買者はその分、余計な値段を払うわけだから、「ブランド」が成立しているのである。

マクドナルドは、「安くしないと売れない」のだから、ブランドはない。

あるのは、知名度だけである。

・「おいしくない」のが「マクドナルド」

マクドナルドは、正直、ファーストフードの「まずさ」を体現したように思う。

今では、マクドナルドは「おいしい」と思って食べるものじゃない。

マクドナルドにあるのは、CMを打ち続けた結果としての「知名度」であって、決して、消費者が余分に払いたいと思う「ブランド」ではない。

マクドナルドに行くということに、何か心理的な喜びはないし、利用者は中高生ばかりでハイソサイエティな香りもないし、そのうえ、おいしくもない。

かつては、ハンバーガーを食べながら歩くのが、「おしゃれ」であった時代もあったが、今では、マクドナルド製品を歩きながら食べる情景なんて、実に貧困で、目を背けたくなる。

まだ、スターバックスのコーヒーを持ち歩いているほうが「カコイイ」と思う。

マクドナルドに「ブランド」はない。当事者たちは、「ある」ように思っているか、そう思っていたいのだろう。

彼らは、ファーストフードなど、食べないだろうしな。

だから、「メニュー撤去騒動をバイトのせいにする」なんて、恥知らずなことができるのだろう。

一般的な『客』が、こういう「報道」に接したら、どういう気分になるだろう?

日本マクドナルドの株主は、そろそろ手仕舞いをしてもいい。それか、本家のマクドナルド株を買った方がよいだろう。

参照:McDonald’s Corp. (MCD) -NYSE http://finance.yahoo.com/q?s=MCD