価格ドットコムで詐欺にガチ遭遇

先日、ノートパソコンの詐欺をリアルタイムで経験した。わたしは、幸運なことに、詐欺には遭わなかった。

別段、わたしに知恵があったからというわけでなく、目的・欲求と合致してなかったノートパソコンだったので、冷静でいられたからであった。

舞台は、価格ドットコムの売り物である「口コミ」である。

詐欺事件の形式としては、ごく有り触れた、ネットではよくある事件である。

口コミの書き込みに、「ここのお店はすごく安いですよ」とリンクを張って、詐欺サイトに誘導。

その時の相場価格よりも、2割3割も安く物品を紹介しているページに飛ばす。

ほいで、お買い上げポチッとな、で銀行振り込み、という塩梅である。

詐欺そのものは、実に、シンプルであるとしか言いようがない。

決済が銀行振込みのみのはずが、代金引換は手数料が3000円と表記されていたり、他のページでは「できない」旨が書かれている。発送が数日ずれる。メールアドレスがヤフーのフリーメール、加えて、「法人」が運営しているサイトなのに、振込先が「個人口座」である。

この時点で、あやしいなあという推測が立つ。

まあ、その推測は当たっていて、サイト上に表記されている電話番号は全然別の会社につながる、建物表記はでたらめで2階建てビルの3階になってたりする。

ほいで、盗人猛々しいとでも言おうか、ある口座が通報されて停止されると、「当ショップへのご注文及び指定口座へのご入金が突然通常の20倍程増えているため、現在、取引先金融機関より一時入金停止処置を施されております。」とのメールが届く。

当然、その続きは、「ですから、入金がお済みでない方は、○○銀行○○までお振込みください」と続くのであった。

この時点で、詐欺確定とみなす。というのも、通常の20倍の処理が増えたからといって、システムダウンするような脆弱な決済システムを持つ銀行なんて、ないからである。

「口座の凍結」というのは、詐欺師のホントに基本的な『口上』で、詐欺師の枕詞ですらある。

たとえば、「○○税の滞納処分として、国税に口座が凍結させられてる。それを解除するのに○○円かかる。そこで、下記の口座に振り込んでくれ」ってな塩梅である。

銀行の口座とは、そんなにやわじゃないし、銀行口座が凍結されたり一時使用停止になるのは、まさに、こうした詐欺まがい/法律に違反する取引になっているときくらいである。

ま、こんな風な顛末であった。

もし詐欺の舞台が、要は機種が、わたしが求めていたスペックと金額とが完全に合致していたノートパソコンだったら、わたしもふらふらと振り込んでいたかもしれない。

最近はネットの取引に少し油断していた。大手の量販店・メーカー直営店は、こうした詐欺まがいのことはないが、見知らぬところでは、まだまだその罠があることを、新たに胸に刻んだ次第である。

ちなみに、当該ノートパソコン詐欺の機種は、Acerの「Aspire V3 V3-571-H54D/K」という機種である。

性能が高いのにお値段が手ごろで人気がある機種ほど耳目が集まって、詐欺師に狙われる。

舞台:http://bbs.kakaku.com/bbs/K0000385069/#14895960

フォローする