離婚の養育費はわかります

まずは初めに結論を。一口で言うと。まとめ。要旨。

離婚する際に気になるのが、養育費の金額。だいたいの金額は、裁判所のホームページでダウンロードできる養育費算定表でわかります。

離婚の際に、どのくらい養育費が出るのか、または、どのくらい養育費を払わないといけないか、考えたことがあるかと思います。

実は、養育費は、だいたいのところが既に決まっています。

離婚した際の養育費の額は、主に「養育費算定表」というデータを基準にして、当該家庭事情をプラスマイナスして決められるのです。

養育費算定表は、裁判所のホームページでダウンロードできます。

http://www.courts.go.jp/tokyo-f/saiban/tetuzuki/youikuhi_santei_hyou/

http://www.courts.go.jp/tokyo-f/vcms_lf/santeihyo.pdf

リンクが無くなっていたら言ってください。

当該養育費算定表の見方はカンタンです。

子供の数と年齢でまず大枠が決まり、支払う人の年収と受け取る人の年収を掛け合わせて具体的な数字を算出します。

たとえば、0~14歳の子供が一人で、夫の年収400万円で、妻が年収100万円だと、養育費は「月2~4万」が基準的な金額となります。

子供が複数人いれば、また計算が変わってきます。

とりあえずですが、簡易に「このくらいの額」の養育費が出る(支払う)のがわかりますので、ご利用をば。