医療保険が気になりだしたら、知っておくべき3つの数字-3万・9万・20万(高額療養費)

まずは初めに結論を。一口で言うと。まとめ。要旨。

高額療養費の「3万・9万・20万」の3つの数字は、民間医療保険に入る前に知っておくべきである。

若いときはまったく興味はないが、ある程度、年齢を経ると気になりだすのが、医療保険である。

医療保険に入る動機はいろいろあるだろうが、入っておく前に、公的医療保険の1制度である「高額療養費」制度は、知っておくべきである。

高額療養費を知っているかどうかで、民間医療保険の保険料への認識は、けっこう変わる。

高額療養費とは、要は、病気や怪我をしても、ある金額以上の支払いはしなくていいという制度である。

1ヶ月あたりの医療費には、年収別に限度があって、それ以上は支払わなくていいのである。

医療費の支払いには、限度額があるということだ。

限度額の概算は、おおむね、「3万・9万・20万」と憶えておけばよい。

当該3つの数字は、1ヶ月に医療費が100万円かかった際の負担額である。

結論から言うと、大怪我または大病にかかって、「1ヶ月・100万円」の医療費が請求されても、支払う額は「3万・9万・20万」のどれかになる、という塩梅である。

「3万」とは、正確に言えば3万5,400円なのだが、この金額の適用がされるのは、住民税非課税世帯なので、まあ、多くの人には関係のない数字である。だから適当にした。

実質的に、多くの人が関係するのが「9万」だ。

どんだけ医療費を支払いことになろうとも、約9万の負担しかない。9万以上の額は、公的保険が支払ってくれる。

「20万」は、月収53万円以上のサラリーマンといった、高額所得者が対象となる負担限度額である。「100万円」の医療費が請求されても、20万が限度である。

高額療養費とはこういった制度である。

大きな病気や怪我をしたからといって、数百万単位の負担が発生するわけではない。

たとえ、半年入院することになっても(半年の入院は、現在ではかなり長い部類に入る)、大半の人は、「9万円*6ヶ月」の「54万円」の蓄えがあれば、医療費は賄えることになる。

医療保険に入る動機として、「高額な医療費に備える」というのがあるのなら、公的保険(健康保険と国民健康保険)の高額療養費を前提に考え直してみる。

「こんなに備える必要ないなあー」と思えたらなら、支払い保険料の見直しをするべきだろう。