・フィッシャーの超成長株投資

フィッシャーは経営を見る投資家です。バフェットも本書の投資法を積極的に取り入れたのも読むきっかけでしたが、大恐慌の時に投資顧問業を開業するフィッシャーに興味を持ったのも、ひとつの読む理由でした。

フィッシャーの超成長株投資
フィリップ・A・フィッシャー,  フォレスト出版 336P 1,900円

「フィッシャー」という株主投資家を知ったのは、バフェット投資の真髄の「三賢人の教え」という章でその名前を知りました。

フィッシャーも「優れた少数の企業に投資するが良い。」「投資家は、ほんの少しだけのことをしっかりやればよい」てな事を主張してるので、その文言に惹かれて購入しました。


本書「フィッシャーの超成長株投資」の特徴は、重要な事は太文字で印刷されてるので非常に読みやすく、言わんとすることを拾い易いです。

内容的には経営者の研究研究開発の2点を「成長企業」のキーポイントとしてます。ま、そうだわな、と。

8章・9章が面白く、「さらに賢くなる5don't 」「賢い投資家になるための5don't 」と成功するやり方の紹介は世の中にゴマンとあるのですが、「don't〜するな」という禁止表現でそれを語るのにセンスを感じます。

また、10章で展開される企業の絞り込み方法は、最初はこんなんやってれんがや、と思いましたが長期投資を目指し、精度の高い情報に接するためには、この章は大きなヒントになると思います。非常に啓発されました。要するに応用かと。

基本的にこの書籍を読んでしっかり実践すると、企業への質問メールが増えます。めんどくさくなくなるのです。

※ こんな風に本文中のテキスト・語句が太文字で修飾されていますよん。

ご意見・ご感想はコチラに



Another contents
上級-バフェット理解
賢明なる投資家
新 賢明なる投資家 上
新 賢明なる投資家 下
フィッシャーの超成長株投資
上級のTOPページへもどる