・株式投資と事業投資

株式投資と事業投資、ふたつの関係がバラバラでないのが、バフェット投資の特色です。投資の対象が株式であろうが事業であろうが、重要なのは投下資本へのリターンなのです。


CHAPTER 1
株式投資と事業投資

初心者投資のホームに戻る
銘柄調査最適ツール〔応用編〕

新 賢明なる投資家 上

現在、バフェットについて書かれている本で、最もお勧めできるのは、「バフェットの銘柄選択術」と「バフェットからの手紙」です。このふたつのバフェットの書籍のうち、どちらを熟読するようになったかで、今後の投資人生が変わってくると考えます。

前者に興味を大いに抱いて株式投資に進む人と後者に影響され、事業投資に進む人に分かれると考えます。

CHAPTER 2
普通のバフェット解釈

先頭に戻る
最高経営責任者バフェット

DVD 個人投資家のための
「マネーマネジメント入門」セミナー

簡単なようで難しい。。。
「損切りは早く利食いはじっくり」
「マネ−マネジメント」が曖昧な投資家(トレーダー)は、頻繁に売買を繰り返してしまうため、利食いを延ばすことが難しくなってしまいます。

株式投資・事業投資、ともに本質的なことは同じです。どちらに資金をシフトしていくかが問題なのです。最近、バフェットは上場した企業の株式を購入するよりも、事業会社を買収しています。バフェットが事業投資に目覚めたから、というのではなく、単に資本コストを考えれば事業を買収するほうが数字的に儲かるからだと踏んでいます。

つまり、バフェットの投資環境のうち、もはや「バフェット」の名前は証券業界に浸透しているので、バフェットが買い初めてもバフェット買いの現象が起こってしまいます。最近ではチャイナテレコムをバフェットが購入したことが知れ渡ったため、大きく値上がりしてしまい、結局、株式を安く買えない状況になったためだと思います。

バフェットが買うだけでもう、その銘柄は放置されなくなるのです。

要するに、バフェットにとっては証券市場を通じて株式を購入することは、これまで以上のコストがかかってしまい、面白くないのでしょう。

だから、非上場の事業会社を購入していくようになったのだと考えます。その他、バークシャーの運用規模が大きくなりすぎて、おっつかなくなったのも非上場会社を100%買収する要因のひとつと考えられます。

バフェットのパートナー、チャールズ・マンガーはバフェットについて、彼ほどうまく資本を配分できる人はいないだろう、と評していますが、まさに的を得た表現だと思います。

そう、私は当初、バフェットは株式投資家だと思っていましたが、もっと正確に言えばバフェットは「資本家」、「資本配分家」なのです。

さて、このページの最初のほうで、バフェットについての書籍のうちどちらを熟読してしまうかによって投資の方向性が変化するのでは、といったのはまさにこの資本配分に関する考え方が色濃く出るのでは、と思います。

要するに、資本(お金)を、株式に充てるかビジネスに充てるかは、バフェット的意味合いにおいて、同じことなのです。

そう、わたしはどちらかというと、「バフェットからの手紙」を熟読してしまうようになったくちで、彼の企業経営における企業観や税金観にどっぷりつかってしまったのです。「バフェットの銘柄選択術」もすばらしい一冊には間違いないのですが、私はまだ若いですし、株式投資に限定することなく資本をおくことができたのも、「バフェットからの手紙」に嵌った原因かと思います。

この手紙の中での税金や経営者についての記述に興味が出た人は、もしかしたら事業投資に向いてるのかもしれませんね。あの手紙のなかで触れられている記述のうち、経営者の視点を持っている人なら、ものすごく勉強になる内容ですし、経営者の視点がない人はいまいちぴんと来ない部分があるかもしれません。

要するにわたしは、事業投資派だったわけです。もちろん、株式投資も続行していますが、ポートフォリオはふつうに堅調です。
※要するに、おもしろくもなんともないのです。

株式投資については、投下資本に対し年利25%弱です。事業投資は・・・%です^^;
どっちかーつうと、リンチのいう10倍株狙いですの^^;

CHAPTER 3
バフェットの利用方法

先頭に戻る
投資参謀マンガー

DVD 「逆張り投資法」
カタストロフィで利益をあげるために
危機的相場こそ大きな利益を上げるチャンス!
経験豊富で実際に現在も利益を上げているトレーダーが、過去にみずからが失敗して学んだことや、利益を上げるための仕掛けとは。

バフェットの株式投資の方法は、その教訓やルールのうち、自分が守れたり、できることから始めるだけで、かなり成績を良くすることができます。

わたしが株式投資において守ってるのは「20個しか穴のないパンチカード的株式投資」です。一生にできる投資が20個しかできなかったら、さてあなたはどの銘柄を買いますか?というルールなのですが、この20ルールを愚直に守ってるので、投資対象はひどく限定されます。この20ルールは不動産、そうマイホームも投資にあたるものと考えていいでしょう。

わたしは売買を増やせば増やすほど、損をするタイプなので、これぐらい限定した株式投資のほうが合ってるのかもしれません。

ときに、この株はいいよ、という話が来ますが、自分が理解のできない業種は、やはり買わなくなりましたね。絞るに絞るやり方ですのでやはり、売買回数は激減しています。

事業投資をするときに、やはり、どんな人でもその事業・ビジネスの下調べをすると思います。逆にしない人はいないでしょう。株式投資がその事業の部分所有権を入手することならば、やはり事業投資と同じやり方でじっくり調査分析をするべきだと考えます。

ぽんぽんぽんぽん、何回も職や仕事を変える人があまりいいことではないように、株式の売買を何回も繰り返すことは、「株式投資がその事業の部分所有権を入手すること」の定義からみれば、事業を何回も変えていることに他ならないと思うのです。

ですから、わたしはドンくさいのですが、買うまでにものすごく時間のかかるバフェットの株式投資法が好きなのです。もちろん、バフェットの資本投資のエッセンスはいまの事業投資の決定に非常に役立ちました。