複利計算表

サマリー

複利計算表は、複利計算で使われる数字を年度と率で表にしたものです。複利計算は簡単な決まりを知っておけば、投資の利回り計算に便利なので一覧にしました。

年\率 0.5% 1% 2% 3% 4% 5% 6% 7% 8% 9% 10%
1
2
3
4
5
1.005
1.010
1.015
1.020
1.025
1.010
1.020
1.030
1.040
1.051
1.020
1.040
1.061
1.082
1.104
1.030
1.060
1.092
1.125
1.159
1.040
1.081
1.124
1.169
1.216
1.050
1.102
1.157
1.215
1.276
1.060
1.123
1.191
1.262
1.338
1.070
1.144
1.225
1.310
1.402
1.080
1.166
1.259
1.310
1.469
1.090
1.188
1.295
1.360
1.469
1.100
1.210
1.331
1.464
1.610
6
7
8
9
10
1.030
1.035
1.040
1.045
1.051
1.061
1.072
1.082
1.093
1.104
1.126
1.148
1.171
1.195
1.218
1.194
1.229
1.266
1.304
1.343
1.265
1.315
1.368
1.423
1.480
1.340
1.407
1.477
1.551
1.628
1.418
1.503
1.593
1.689
1.790
1.500
1.605
1.718
1.838
1.967
1.586
1.713
1.850
1.999
2.158
1.677
1.828
1.992
2.171
2.367
1.771
1.948
2.143
2.357
2.593
15
20
25
30
35
1.077
1.104
1.132
1.161
1.190
1.160
1.220
1.282
1.347
1.416
1.345
1.485
1.640
1.811
1.999
1.557
1.806
2.093
2.427
2.813
1.800
2.191
2.665
3.243
3.946
2.078
2.653
3.386
4.321
5.516
2.396
3.207
4.291
5.743
7.686
2.759
3.869
5.427
7.612
10.676
3.172
4.660
6.848
10.062
14.785
3.642
5.604
8.623
13.267
20.413
4.177
6.727
10.834
17.449
28.102

・手軽に複利計算

複利計算上、覚えやすい数字があります。

まず、『7-10』です。「7-10」とは、7%で運用すると、10年で2倍になることを指します。

次に、『10-7』です。「10-7」とは、上のとは逆で、10%で運用すると7年で2倍になる、ことを意味します。

そして、『72』です。

「72」とは、「72」を利率で割ると、何年で倍になるかの目安を算出する数字です。

たとえば、配当利回り3%の高配当銘柄があるとすれば、「72÷3」の24年で2倍になります。上の複利計算表で確認してみてください。

結構、覚えやすくて、投資上の計算で、ある程度の見当がつくので便利です。

・逆複利計算も忘れずに

人は、この複利計算表を見るときは、「債権者」になったつもりで見ています。

貸したお金が順調に増える様を、配当がじゃんじゃん入ってくる景色を、企業の資本がむくむくと発展していくグラフを想像して、楽しげに夢想するのです。

しかし、この表の利率で、複利でお金を借りたときは、「逆」の様相を呈します。

たとえば、住宅ローン。安いところで2%ですね。それを35年借りたとします。

表で照合すると「1.999」。倍払っていることになります。

値上がりが期待できるならアレですが、建物はもうゴミなのです。そう考えると「マイホーム」という存在は、「投資対象」ではなくなります。

家は住むもので、投資の対象にしてはならない。これは、歴史的事実のように思います。

・高利率の複利計算表

年\率 15% 18% 20%
1 1.150 1.180 1.200
2 1.323 1.392 1.440
3 1.521 1.643 1.728
4 1.749 1.939 2.074
5 2.011 2.288 2.488
6 2.313 2.700 2.986
7 2.660 3.185 3.583
8 3.059 3.759 4.300
9 3.518 4.435 5.160
10 4.046 5.234 6.192
15 8.137 11.974 15.407
20 16.367 27.393 38.338
25 32.919 62.669 95.396
30 66.212 143.371 237.376
35 133.176 327.997 590.668

こうした「お金の工場」のような企業を所有してみたいものです。なぜ、バフェットが長期に保有するのもわかるでしょう。それだけトクだからですよ。

逆を言うなら、なぜ高金利でお金を借りると破産するのか、うまくいかないのか、一目瞭然です。

20%で借りると、4年後には2倍。返せるわけがない。そら、破綻に一直線ですね。

・「1%」ということ

ちなみに、「1%」でお金を運用すると、2倍になるのに「70年」かかります。

投資上、無意味ということになります。

逆をいえば、借りる観点からすると、ほとんど利子負担がない、といえます。

デフレ化では、『超』大型の公共工事をすべしと言われるのも、納得できます。

利子負担を抑えて、社会資本の投資ができる、というわけですの。