LinkedIn(リンクドイン)のPERが911倍に

先だっての8/6、LinkedIn(リンクドイン)の第2四半期決算がSECに報告された。

結果は、「良好」である。

ユニークユーザーは前年同期間に比べ30%以上増した。

売上高は5割以上の伸びて、2億2800万ドルとなる。

半年比較だと同期比2倍で、2億1400万ドルが4億1600万ドルになった。

参考:http://biz.yahoo.com/e/120806/lnkd10-q.html

結果、1株当たりの利益は3セント(非GAAPで16セント)となった。

株価は、当該増収増益の報告を受けて、一気に跳ね上がる。

92ドルから93ドルを付けていた株価は急騰して、107ドルを付ける。

これを書いている今の株価は、108.51ドルなのだが、注目すべきは、そのPER:ttm(株価収益率)である。

なんとPER「911倍」で、以前の700倍前後を一気に飛び越してしまった。

ちなみに、FB(フェイスブック)の株価は、21.09ドル。PERは72.98倍である。

有体に言えば、LinkedInは着実に「マネタイズ」をしていて、それが投資家に評価されている、ということだ。

一方のFBは、「そう」でもないので、株価は低調な動きを見せているという塩梅だろう。

逆を言えば、こんなことを言うのは馬鹿げているが、フェイスブックも「マネタイズ」の成功の暁には、「同じIT]「同じSNS」という括りからして、高騰する可能性もあるということである。

まあ、LinkedInのPER900倍は“異常”な数字であるが、FBの事前人気からしても、100倍を超える時は来るであろう。

意味のない戯言だが、「お金は、フェイスブックのマネタイズニュースを待ち構えている」という感じが何となくするのであった。