節税の一歩は、利益の確定から

まずは初めに結論を。一口で言うと。まとめ。要旨。

節税の一歩は、利益の確定から始まる。税理士任せや他人任せにすることなく、帳簿はキッチリつけよう。

節税をしようとするときに、欠かせない作業がある。

それは、「利益の確定」である。

現在、どのくらい利益が出ているかを把握できていないと、節税の仕様がない。

節税は、急にはできない。つまり、決算期の直前になってからや、決算日を過ぎて節税しようとしても、間に合わないのである。

ちなみに、決算日ぎりぎりになって大きな費用を計上すると、否認される可能性を捨てきれない。

また、決算期を過ぎて費用があったように帳簿書類を偽造したり、売り上げ(収益)を抜いたりすると、悪質な課税回避と捉えられて、懲罰的に課税されかねないから、現に慎むべきである。

自分から、税務署の罠に入ってはいけない。

もう一度言うが、「節税は急にはできない」ことを、念頭においておかねばならない。

税理士任せにしていたり、会計担当任せにしていたり、ほとんど帳簿を見なかったりでは、効果的な節税はできない。

今どのくらい利益が出ていているか把握しているからこそ、その利益をどうやって「なくすか」=「費用化するか」のアイデアも湧くのである。

もっというと、たとえば、旅行でも視察旅行の名目にすれば、費用化できて税金を減らせられるし、従業員を飲みに誘って士気を挙げたりすることができるのである。

売るのも大事だけど、それ以上に、税金に無知だといくら売っても売り足りなくなってしまう。

商売は、底の抜けたお風呂のように、常に「税金」という水漏れがある。

いやしくも、一国一城の主なら、しっかりと財政状態と経営成績を把握しておこう。内部の監査にもなる。